SEO対策:浮気 SEO対策:健康 SEO対策:美容 SEO対策:ダイエット SEO対策:画像
FX
一人暮らし・独身女性のハッピーライフ[TOP] > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 戦士の休息的ブログ > とある男女の奇跡の実話:完結編・前編
┗ピン芸人:白竹〓チャンカャカチャカチャンチャンチャーン♪『楽しい間食』のお時間になりました。本日のテーマは『カレーの美味しい食べ方』です。チャンカャカチャカチャ
┗漫才:あの世の話〓コラお前、また居留守使ったな!〓うちに来たの?いつ?〓三日前!〓シッ。その話しはしないで。奴らに聞かれたら、私がヤバイ。〓はぁ~? なんの言い
┗ピン芸人:白竹〓はーい、みんなー、席についてー。ほらヤマダー、先生が来たんだから席につけ!タカギも携帯しまって、トリートメントは家でかけなさい。先生こう見えても
┗〓憧れる職業てあるよね。〓例えば?〓弁護士とか、カッコイイじゃん。〓君、そんなものに憧れてるの?〓え、憧れない?困っている人がいたらさ、『僕がなんとかしましょう
┗コント:インタビュー〓皆さんこんにちは。『ニッポン列島24時』の時間です。今回お邪魔させていただいたのは、世界で初めて座敷わらしの養殖に成功した北村ツトムさんの
┗漫才:犬と飼い主〓ちょっとぉ、聞いて下さいよ!〓なにをそんなに怒ってるんですか?。〓うちの近所の公園のことです。〓あの綺麗な公園ですか。噴水の銅像が、こんなポー
┗〓突然だけどさ、ヒーローて憧れるよね。〓カッコイイもんね。〓自由に空を飛んだりさ。〓うんうん。〓巨大な船を片手で持ち上げたり。〓うんうん。〓目から殺人光線を出し
┗【一人漫談】〓どうも、初めまして。私、ピン芸人の、白竹といいます。みなさんの貴重なお時間を、今しばらくお付き合いのほどお願いいただきます。先日散歩をしていたとこ
┗テーマ:何気ない会話〓たまにさ、気まずい瞬間てあるよね。〓例えばどんな?〓昼にラーメン屋いくとするじゃん。そこで、たまたまだよ、他のお客さんと目が合うの。〓うん
┗〓世界にはまだ知られていない謎がたくさんあります。そんな謎という名の闇にひとすじの光を当てる、シリーズ『いい日旅立ち』今回みなさんにお届けする謎は童話『桃太郎』
┗〓お前さー。右手と左手どっちが好き?〓別に。〓俺は断然、右手だな。〓なんで?〓右手は箸が持てるし、字が書けるし。耳かきできるし。〓耳かき?左の耳は左手でするだろ
┗漫才:自動販売機〓加藤こんにちわ!最近の悩みは、スルメが奥歯にはさまる、加藤です。〓林こんにちわ♪最近の悩みは、母のクチヒゲが濃いことです、林です。〓加藤抜いて
┗漫才:タクシー〓林また遅刻しましたね、加藤さん。〓加藤あの現象を『遅刻』と呼ぶなら、そうかもしれませんな。ふんっ。〓林謝って下さい。〓加藤謝りましたよ、先週。〓
┗コント:エレベーターガール〓佐藤合コンの自己紹介で『好きな女性のタイプは、幼女から老女まで』とコメントしたところ、女性全員から形容しがたい眼差しを喰らった佐藤で
┗ピロロロ……ピロロロ……♪♪ 私「あ、お母様の携帯からだわ」 ピロロロ……ガチャッ 私「はい。早坂です」
┗『2ちゃんねる』の『ニュース速報+』スレッド(掲示板)を 読んでいた女性(以下、Qさん)が、 自分が住んでいる部屋が過去に殺人事件があった部屋だと いうことを知って
┗犬でも、猫でも、立ち上がる芸を「ちんちん」っていいますよね? あれ、なんでしょう。 誰が最初に言い始めたのか、、 女性でも気軽に言える言葉にしてほしいものです。 &a
┗今のあなたが本当に買い物依存症なのかそれとも予備軍チェックしてみましょう。 悲しいとき、寂しいときに買い物をする傾向がある。YESNO 買い物は殆ど、クレジット
┗目の錯覚は、説明されて理解した後でも不思議に見えるものです。完全な円が描かれているだけなのに、なぜか螺旋(らせん)のように見えてしまう錯視画像が話題に上っていまし
┗二人だけの飲みの席、終電間際に相手の男性がこんな動作をしたら、、、椅子に手を掛けてくる。これはカウンター席に限った話です。カウンター席で、男の子が女の子の背持た
┗モデルといえば、「身長が高い」というイメージですが、 これは高すぎでしょう。。 アメリカ人のEVEさんは世界一背の高いモデルで205cmあるそうです。 まるでCGのようです
┗おそらく「帰宅部」とは、「陸上部」や「野球部」をしのぐ知名度が あると思われます。(博多女の見解) いまさらポスターなど無意味なほど増殖している「帰宅部」ですが、
┗都会の街中で空から北極グマが降ってくる、動画。 高層ビルの窓に叩きつけられた北極グマ、 アスファルトに叩きつけられた数匹の北極グマ、 駐車している車に叩きつけられ
┗任天堂のマリオの名前の由来にはいろいろあるようで、、、 「アメリカの任天堂の近くにマリオ&ルイージっていうピザ屋が  あったから!」 「マリオネットのように操れる
┗ORICON STYLEが現役女子高生を対象に 「いまいち納得できない校則」についてアンケートを実施したそうです。   「自転車の2重ロックを怠れば、反省文」(熊本県)
┗カナダで「学校外で勉強する必要はない」と両親が裁判に訴え、 子どもの宿題を無くす権利を勝ち取った夫婦がいるそうです! 世の中には「勉強より大切なものがある!」の
┗Newsweek誌が1976年以来テキサス州で死刑執行された男女に、 死刑執行の直前には何を思うのかという質問をしたところ、 死刑執行の直前、彼らは後悔や死への恐怖を語るより
┗普段は温和でかわいい女性も、 いざとなったら大変身! 男性なら一度は経験ありますか? さて、今回は、 あまり女性を怒らせないほうがいいのでは? と思ってしまう画像を
┗美女が謝りまくるサイト「謝り美人」オープン12月10日が「ごめんねの日」と認定されたんですって。 本日オープンしたサイト「謝り美人」では、そんな「ごめんねの日」にち
┗世界一近寄りたくない滝を発見しました! これは、中国の陶磁器祭りのために作成された巨大なトイレ、噴水の壁です。 100メートルの合計の長さ5メートルの高さの壁を完全に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今までのクレンジングの常識を変えた!人工香料・着色料は一切使用していない。W洗顔も不要のシンプルケア。

感じるクレンジング◇Nursery(ナーセリー)Wクレンジングジェル【グレープフルーツ】
BBクリーム

とある男女の奇跡の実話:完結編・前編

とある男女の奇跡の実話:プロローグ
とある男女の奇跡の実話:中学生編・前編
とある男女の奇跡の実話:中学生編・後編
とある男女の奇跡の実話:高校生編・前編
とある男女の奇跡の実話:高校生編・後編
とある男女の奇跡の実話:大学生変・前編
とある男女の奇跡の実話:大学生編・後編
とある男女の奇跡の実話:社会人編・前編
とある男女の奇跡の実話:社会人編:後編



832 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 13:34:03.89 ID:vhbiWwSO

とにかく、もうしばらくお待ち下さい


833 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 13:34:48.05 ID:UaZzjFwo

ふくちゃんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!


834 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 13:37:02.06 ID:Hw.SVUDO

待ってました!


840 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:26:44.55 ID:vhbiWwSO

お待たせしました。仕事が今終わりました
投下します


842 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:29:17.79 ID:vhbiWwSO

土曜日の朝、俺は朝の五時に眠りにつき11時に起きた。
そして、サトミに連絡をする・・・
が、出ない。

俺はメールを送った。
「おはよう、今日はいい天気だねぇ、連絡待ってます」
それだけ送る。


そもそも喧嘩の原因は俺が悪かったんだ。
俺が忙しいのは毎度の事だが、それでもサトミは俺が忙しくてもいつも笑顔で迎えてくれた。


843 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:31:03.89 ID:vhbiWwSO

俺の会社の前で4時間位待っててくれた事もあった。
サトミはいつも俺を待っててくれたんだ。


だが、4日の日俺が早く仕事が終わり、サトミを迎えに行く。
そしてサトミを驚かそうと思い仕事場の前で待っていた。

するとサトミからメールが来た。
「今日は会社の人達でご飯に行きます」と。

俺は何故かすごくイライラしたんだよ。
そしてサトミに電話をした。


845 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:32:45.49 ID:vhbiWwSO

俺「あのさあ、俺、今お前の会社の前でまってんだけど」
サトミ「え???そうなの???」
俺「だから、今日は俺と飯食いに行こうよ」
サトミ「え???だって・・・」
俺「良いじゃん」

サトミ「・・・分かった・・・早く帰るから・・・家で待っててくれる・・・?」
俺「はああああ??????」
サトミ「ごめん・・・だって、みんなに行くって言ったし・・・店の予約とか・・・」

俺「もう良いよ!!!」


846 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:34:20.65 ID:vhbiWwSO

今考えたら俺はなんであんな風に切れたのか全然わからない・・・

てか、俺は最悪だ・・・
俺は家に帰り一人カップラーメンを当て付けがましく食べていた。

サトミは実際に早く俺の家に来てくれた。
だが、俺の機嫌が治まらない。
俺からしたらサトミの為に早く家に帰ってきたのに ・・・
と言う思いがあったんだ。

サトミ「ごめんねえ・・・」

サトミが謝るが俺は拗ねていた。


847 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:35:55.49 ID:vhbiWwSO

サトミ「ねえねえ、今からどっか行こうか?」
俺「俺明日現場があるから無理」
サトミ「そう・・・」

俺は一人テレビをボーっと見ていた。
サトミも俺も黙っている。
そして俺はサトミに言った。

俺「もうさ・・・今日は帰れよ、せっかく早く家に帰ってきたのにさ・・・つまんね・・・」

もうね、俺は馬鹿じゃないかと・・・
あんだけサトミを思っていた俺がサトミに暴言を吐いている・・・

最悪じゃないかと思った。


848 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:37:37.06 ID:vhbiWwSO

サトミはしばらく黙っていたが、立ち上がり・・・

家を出た・・・

俺はサトミがまさか本当に帰るとは思わなかったのでビックリした。
そして追いかけようと思ったが・・・
それも出来ない位意地を張っている自分がいる。

だが、心配なのでそっと家を出てサトミの後をつけていく。

サトミは近くでタクシーを拾いそのまま去っていった・・・


恐らく泣いていた・・・と思われる。


849 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 15:39:09.92 ID:CIjSgIDO

まだ途中だが言わせてくれ。

馬鹿やろう!


851 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:41:36.05 ID:vhbiWwSO

>>849
ごもっとも

サトミとは初めて喧嘩した・・・
なんで喧嘩したんだろ?
意味がわからない・・・

完全に俺が悪いじゃん・・・
その思いが重なり・・・サトミに電話をした。

サトミは電話に出てくれなかった・・・
その代りにメールが来た
「今は少し疲れました。お休み」
これだけだった・・・

俺は何故か凄く腹が立った。


850 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:39:14.27 ID:vhbiWwSO

俺はすぐに竜也に電話をした。
竜也は家にいた。

俺「竜也・・・あのさ・・・俺サトミと喧嘩したんだよ」
竜也「何してんすかwwwwww」
俺「あのさ、サトミがちゃんと家に帰ったらメールくれない?」
竜也「OKっすww早く仲直りしてくださいww」
俺「わかったww」

それから、30分後に竜也から
「無事に姉ちゃんが帰ってきました」
とメールが来て一安心はした。


そして、俺は後悔が生まれてきた。


852 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:44:22.38 ID:vhbiWwSO

この期に及んでも俺がこんなに心配しているのに・・・
そんな感情が沸いていた。
俺は何も言わずに眠りにつく。
そして翌日朝起きて・・・少し後悔が出てくる。

俺はサトミを怒らせたのか・・・?
当たり前だっつーの・・・何を言ってるんだ?

俺は現場の立会いに向かい、ボーット作業員達を見ていた。
俺はサトミにメールを送る・・・
「今日、早く終わりそうだから飯食べに行く?」

そう送るがサトミから来た返信は

「今日はしんどいので良いです」

だった・・・


853 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:46:31.21 ID:vhbiWwSO

俺は自分勝手に凄く腹が立った。
この野郎・・・俺が誘ってるのに・・・
その思いが 強くなる。

俺はムシャクシャしながら家に帰り、オナニーをしようと押入れの中のDVDを漁っていると・・・

写真が出てきた。
その写真は高二の時に海で撮った写真だった。


俺はそれをずっと眺める。
俺とサトミがツーショットで写っている物もあった。


俺の中に・・・少しづつ・・・何かが蘇ってきた・・・


855 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:48:55.41 ID:vhbiWwSO

サトミと最初に出会った・・・あの教室のシーン・・・

サトミと学級委員になった時・・・文化祭・・・

そして引越し・・・

海での再会・・・

夕暮れ時の会話・・・

そして二回目の再会・・・

三回目の再会・・・

付き合った日の水族館のデート・・・

最初のキス・・・


色んな物が込み上げてきた。

俺はそのまま押入れを探る。
色んな物を引っ掻き回し・・・やっと見つけたのは・・・




あのラブレターだった・・・


857 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 15:50:46.95 ID:ayAvFwIo

ラブレター大活躍過ぎる


858 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:50:55.80 ID:vhbiWwSO

すごく黄ばんでいて、そして厨房の頃の俺が必死で綺麗に書こうと思い下書きで鉛筆で書いて、その上からペンでなぞっている字がまだ残っている。


俺は少し笑った。
そして思った・・・

サトミが怒っている。
俺は何故かサトミは怒らない奴だと思っていた。
俺はいつの間にかサトミに甘えていた。

サトミが彼女になって油断していた・・・そう思った。


859 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:53:00.93 ID:vhbiWwSO

そして
その日俺は決断したんだ・・・

サトミを誰にも渡したくない・・・と・・・!


サトミにプロポーズをしようと・・・


俺はサトミが好きなんだ・・・そう思い、誰かにこの思いと決断を聞いて欲しくてスレを立てた。

これが俺の昔話の始まりでした。

そしていつもの様に前置きが長くて大変申し訳ないんですが・・・


これからが本題の最終回・・・俺とサトミの”今”を語ります


862 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:54:36.87 ID:vhbiWwSO

ちなみに、このスレで昔話を書いている間、サトミとは会ってません。

電話は二回位しました。サトミも、もう怒ってはいませんでしたが、俺もサトミも少しぎこちない。


そして18日に俺と会おうとしていたのですが、急遽18日にサトミの会社の飲み会が入った。

俺は以前の事があったので、何も言えなかった。

サトミも少しギクシャクしていた。


863 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:56:54.60 ID:vhbiWwSO

俺は・・・泣きそうだった。
こんなに、サトミが好きなのに・・・
こんなにサトミの事を思ってきたのに・・・

なんで、こんなギクシャクするんだよ・・・
俺はなんでこんなバカな事をしたんだ・・・
その思いで一杯でした・・・



話は最初に戻り、19日の土曜日メールを送ってしばらくした後にサトミから電話が来た。

サトミ「いい天気だねえ・・・」
俺「うん」
サトミ「・・・」
俺「・・・」


864 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:58:40.58 ID:vhbiWwSO

俺とサトミは黙りこくる。
そしてしばらくの沈黙の後にサトミが口を開いた・・・

サトミ「今日からね・・・」
俺「うん・・・」
サトミ「連休中は実家に帰ろうかと・・・」

俺「え????」
サトミ「・・・ユウ君(俺の本名ですww)・・・仕事でしょ・・・?」
俺「いや・・・休みを取った・・・」
サトミ「え???そうなの???」

俺「うん・・・」
サトミ「そっか・・・ごめん」
俺「いや・・・俺もちゃんと話してなかったな・・・」


865 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:00:18.10 ID:vhbiWwSO

サトミ「・・・・」
俺「・・・・」

俺らは再び黙る。


サトミ「・・・なんか・・・ダメだねぇ・・・私たちww」


サトミはそう言って自嘲気味に笑う。

俺は胸が苦しくなった。

ああ・・・駄目なんだな・・・俺ら・・・


その思いが強かった。


867 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 16:02:22.19 ID:CIjSgIDO

なんか…やりきれん…


868 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:04:24.09 ID:vhbiWwSO

サトミが帰ってきたら連絡する、と言って電話を切った。

俺は凄く凄く凹んだ。
久しぶりに吐きそうになった。

もう駄目だ・・・

俺らはもう駄目なんだ・・・

そう思い俺はスレに何も書く元気がなくて、ただ部屋でボーッとテレビを見る・・・



すると、携帯が鳴った。

なんだろうな・・・コイツは・・・

板倉だったよ


870 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:06:24.29 ID:vhbiWwSO

板倉「こんにちわ!!おはようからお休みまでアナタの側に、の板倉です!」

俺「おう・・・久しぶり」

板倉「くらああああいいいいい!!!!暗いなお前!!!」
俺「声がでけえ」
板倉「なんだああ???石原と別れたのか????」
俺「はは・・・そうなるかも・・・」
板倉「あ、そうwwんじゃあ、今から行くねww」
俺「はあ???」
板倉「今、森君の車で○○にいる」

俺「すぐ側じゃねーか」
板倉「いや、急に行ってお前と石原がチョメチョメしてたら嫌だと思って」
俺「気を・・・使える様に・・・なったんだね」
板倉「んじゃ!!」

そう言って電話を切った。


871 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 16:07:58.36 ID:MDsSOTwo

やっぱこの三人じゃないと


873 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:09:28.63 ID:vhbiWwSO

板倉と森君は10分後には俺の部屋にいた。
本当に車で来てた。

ちなみに地元からここまで車で7時間位かかる。
よく来たもんだ。

板倉と森君が酒を飲みだすが俺はそんな気になれない。
森君が俺に事のあらましを語らせた。
俺はここ二週間の話を二人に語った。

板倉「そうか!!!!お疲れ!!!」

ちなみに板倉は結婚しています。森君は独身だ。


875 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:11:52.00 ID:vhbiWwSO

森君「馬鹿だねえwwwwww本当昔から君は馬鹿だwwww ww」

森君が笑う。笑いまくった。

その晩結局俺も飲んでしまい・・・酔っ払って・・・眠りについた・・・


日曜日。
俺はペチペチと顔を叩かれる感触で目を覚ました。

見ると森君が俺の頬を叩いている。
俺「なに・・・?」
俺は寝ぼけ眼で起き上がる。
二人は服を着て荷物を持っている。


板倉「3分で仕度しろ!!!!!」


877 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:13:32.82 ID:vhbiWwSO

俺「・・・・え?」
森君「早く!!!渋滞がひどそうだ!!!」
俺「え???どこ行くの・・・?」


板倉「石原ん所に決まってるだろうがああああ!!!!!!!!!」


俺はびっくりした。

森君「ちなみに三分過ぎたらマジで放っていく」

俺は頭が働かない・・・が、唯一分かった事は・・・

コイツらがマジだと言う事だった。

俺は慌てて着替える。


878 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:13:59.38 ID:nc42VB.0

まさか…
板倉かっこいいな


879 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 16:15:23.18 ID:CIjSgIDO

前にもこんなことあったな…


880 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:15:23.80 ID:vhbiWwSO

俺「・・・あのさ、歯は磨いて良い・・・?」
板倉「高速で磨け」
俺「はい・・・」

俺は取り敢えず財布だけを持ち外に出る・・・

が、思い出す・・・ラブレターだ・・・!!!

俺はすぐに部屋に戻るとラブレターを持ち、そして森君の車に乗った。


板倉「さてさてwwwwwwなんか中学を思い出すぜwwwwww」

板倉がテンション高く叫んだ。

森君「あの時は家には居なかったなあwwwwww」

森君がアクセルを踏んで急発進をした。


881 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:17:18.90 ID:vhbiWwSO

俺「・・・森君・・・運転しようか?」

板倉「お前は黙って・・・プロポーズの言葉を考えておけえええ!!!!!」

そう叫んでいた。
俺はなんか胸の奥が熱くなった。

二人は「振られる瞬間が見たい」
「振られたらスケボーで家に帰れwwww」

とか茶化しているが、俺は本当に胸が熱くなった。
少し涙が出てきた。
が、
板倉「泣くのは、まだ 早い」

そう言われ俺は余計に涙ぐみながらウンウンと頷く。


882 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:19:12.61 ID:vhbiWwSO

俺はね、本当に本当に・・・

最高の親友を持てて嬉しいよ・・・!

俺が死ぬ時、もしくはコイツらが死ぬ時、絶対にそう言う。
だけど今は照れくさい。
それはコイツらも同じだろう。

俺らは・・・走った・・・!!
サトミの・・・元に・・・!







・・・渋滞が超激しい。出発して二時間経過した時頃には三人共暇で暇で、しり取りをし始めて・・・それも飽きていた。

板倉が「夜中までネカフェ行かね?」と言い出していた・・・


883 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 16:20:41.19 ID:CIjSgIDO

なぜにネカフェwwwwww


884 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:20:55.87 ID:vhbiWwSO

なんとか、9時間かけて俺らの地元に帰って来た。
既に時刻は夜の9時を回っている。
ここからサトミの家まで約二時間・・・
ここまで来ると沈みきっていた俺らのテンションが元に戻る。


板倉「きたぜえええええい!!!!いけえええええここまで来たら後少しだあああああ!!!」
森君「うをおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

テンションが上がり過ぎてなんか狂っていた。

俺も鼓動が早くなる。サトミが居る町に来た・・・
もう少しでサトミに会える・・・
俺はドキドキしていた。


885 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:22:35.67 ID:vhbiWwSO

サトミの家に到着したのは、夜の11時を少し過ぎた頃だった。

板倉「てかさ・・・」
森君「うん」
板倉「石原・・・家にいるの?」
俺「え?」
板倉「他の男の家に・・・」
森君「ああ・・・あるある」
俺「なんで今 そんな事言うの?」

板倉「さて・・・とりあえず首を吊るためのロープを先に買っとく?」
俺「やめろ・・・」

なんか無性に緊張してきた。


886 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:24:29.73 ID:vhbiWwSO

森君「あのさ・・・」
俺「うん?」

森君「・・・婚約指輪とかって・・・買わないの・・・?」

うわ・・・本当だ・・・

板倉「さて・・・出直すか」
森君「まあ・・・それが良いかもね」

二人が少し怖気ついていた。

だが、俺は二人を無視して・・・覚悟を決めた。
二人は緊張した顔をしている。

俺「あのさ・・・エンジン切ってさ、少し離れた所に居ててくれない・・・?」

俺の言葉に二人は黙って頷き車を少し離れた所に止めてエンジンを切る。


887 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:26:21.50 ID:vhbiWwSO

俺は車から降りてサトミの家の近くの公園に行った。
ここで俺は6年前にサトミに再び出会う事を誓った。

今、俺は再びこの場所で 誓いをしようとしている・・・


永遠に・・・サトミを守り抜く事を・・・


俺は携帯を取り出して・・・メールした。
「今、電話しても良い?」
それからベンチに座りサトミの返信を待った。
だが、中々返信が来ない。

タバコに火をつけてサトミを待つ。
・・・マジでサトミは他の男の所に・・・?
俺の中で凄く不安な気持ちが出てきた・・・


888 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:28:18.11 ID:vhbiWwSO

15分後に・・・サトミからの電話が鳴った。
俺はドキッとした。

来た・・・!

俺は慌てて電話に出た。

俺「もしもし・・・」
サトミ「・・・ごめん、お風呂に入ってた・・・」
俺「あ、うん・・・」

俺は曖昧な返事をする。
凄く・・・物凄く・・・緊張してきた。

俺「あのさ・・・実はね・・・」
サトミ「うん・・・」

俺は見切り発車したけど・・・どうすれば良いのか考えてなかった。
俺は困った・・・



俺「来ちゃったwwwwwwww」


889 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:29:56.52 ID:vhbiWwSO

サトミ「え???」
俺「あ、いや・・・来ちゃったんだwwwwww」
サトミ「・・・どこに・・・?」
俺「どこって言うか・・・その・・・サトミの家の・・・前?」
サトミ「え????」

サトミは驚いてガサガサする。
そしてしばらくした後に言った。

サトミ「え???どこ???いないよ???」
俺「あ、いや、近くの公園なんだけどさww」
サトミ「え???そうなの???」
俺「あのさ・・・どうしたら・・・良いかなwwww」


なんだ俺は


892 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:31:54.09 ID:vhbiWwSO

サトミ「ええっと・・・お風呂上がったばっかりだから・・・髪が濡れてるんだけど・・・」

サトミは慌てて言う。

サトミ「あ、でも・・・どうしよう・・・お父さん・・・」

あ、そうか・・・サトミのお父さんは厳しいんだった。
忘れていた・・・
どうしたら良いんだ・・・?

サトミ「ねえ・・・」
俺「うん?」
サトミ「ちょっと待ってて・・・お父さんが寝てから・・・でも良い?」
俺「あ、でも大丈夫・・・?」
サトミ「うん・・・多分・・・」

俺「分かったww待っとくww」
サトミ「ごめんね・・・」
俺「うんww良いよww」


勝手に俺が来ただけだし


893 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:36:09.35 ID:vhbiWwSO

そうして俺は電話を切る。
それから俺は板倉にメールした。

「少し遅くなる、先に帰っててくれても良いよ」

そう送った。板倉からの返信が
「待つわ。私、アナタの事を待つわ」
なんて健気な奴だ。

俺は、嫌、俺らは待った。
俺は公園の明かりを見ながらサトミを思った。


サトミに会える。
今から俺の大好きなサトミに会える・・・

サトミに会えるなら俺は何時間でも待っても良い・・・そう思った。


894 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:38:08.80 ID:vhbiWwSO

なんで?
なんで?
俺は こんなに好きなサトミと喧嘩したんだろう?
俺は本当に反省した。
そして後悔した。

もしも・・・もしもサトミと別れたら・・・
そう思い俺は怖くなった。
泣きそうになった・・・


そして・・・携帯灰皿がタバコで埋まってしまった頃・・・

サトミが・・・現れた・・・



サトミはパーカーを羽織り俺を見て・・・微笑んだ。


俺はサトミの姿を見た瞬間に・・・全ての不安が・・・

吹き飛んだ・・・

895 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:40:13.71 ID:vhbiWwSO

サトミが目の前にいる。
俺はそれだけで満足だった。

サトミが大好きなんだ・・・

俺はそれを痛感したんだ。
そして、俺はサトミをゆっくり抱きしめた。
サトミの髪からシャンプーの良い匂いがした。

サトミも・・・俺の体に手を回す。
俺らはしばらく抱きしめあった・・・


サトミ「・・・どうしたの・・・?」

サトミがそう優しく呟く。

俺「・・・好きだ・・・サトミ・・・」
サトミ「・・・うん・・・ww」

俺「あのさ・・・」
サトミ「うん・・・」


897 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:41:49.89 ID:vhbiWwSO

俺は考えていた・・・プロポーズの台詞を・・・・・・



俺「俺の墓参りに・・・来てくれないか・ ・・?」・・・・



決まった・・・俺はそう思ってサトミを見つめる・・・



サトミ「え???墓参り・・・?え???どう言う事???」

サトミは俺を睨む様に見つめてきた。

しまったー・・・彼女は天然でした・・・


898 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:43:10.27 ID:vhbiWwSO

俺は慌てた。

俺「あ、違う違う!!そう言う事じゃなくてさ・・・」

サトミ「どうしたの???なんか体が悪いの??」

ええい黙れ、この天然娘!!

俺「違うって!!!そうじゃなくて・・・その・・・」

サトミが俺を心配そうに見つめる。
そして、サトミの手が俺の袖ををギュっと強く掴む。

本気で心配している様だった。


899 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:45:19.86 ID:vhbiWwSO

俺はなんかね・・・笑えてきた。
そして・・・本当に笑った。

サトミ「え???どうしたの・・・?」
俺「・・・いやwwwwサトミ・・・あのさ・・・」

俺はそう言ってポケット から・・・
あの色あせたラブレターを出した。

俺「これww」
サトミ「何これ?」
俺「ラブレターww」
サトミ「え?」

俺「実はさww俺中学の時に、これを書いたんだよwwでも、渡そうとしたら・・・お前が引っ越したんだよww」

俺はそう言ってサトミにラブレターを渡した。


900 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:46:53.30 ID:vhbiWwSO

黄ばんでいて原型は白い封筒だった筈だが、すっかりクリーム色になってしまったラブレター。

サトミ「・・・えwwwwwwそうなのwwwwww」
俺「ずっと渡したくてさwwけど、渡せなかったwwだから・・・今、お前に渡すww」

サトミはそれを受け取り俺をチラリと見る。

サトミ「・・・読んで良い・・・?」
俺「うんwwてか、俺もなんて書いたか覚えてないしww」



904 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:51:15.48 ID:vhbiWwSO

サトミは笑いながら封筒を開けた。
そして、中に入ってる便箋を見た。

俺も横から覗き見。内容は原文のまま書きますww

「石原さんへ。
石原さんお元気ですか?
僕は元気です。突然ですが僕は石原さんが好きです。
ずっと好きでした。引っ越しするのは辛いです。
石原さんに会えなく成るのは辛いです。
もしよければこれからも電話とか、手紙とか、後会いたいです。
今はもしダメでも、これからも僕はずっと石原さんが好きなので、石原さんが僕を必要とすればいつでもどこでも行きます。
どんな事が会っても好きです。
信じて下さい。」


905 名前:福田 ◆vZuPaMM3aQ[] 投稿日:2009/09/23(水) 16:53:22.29 ID:vhbiWwSO

汚い字だったww
俺は読み終わると、サトミからラブレターを奪いたかった。

恥ずかしくて最悪だwwwwwwそう思った。

サトミも文面を見ながら震えてる・・・
笑いを堪えているんだろう・・・

が、サトミは・・・グスッと鼻を啜った。

そして・・・俺を見上げる・・・


目に涙が・・・溜まっていた・・・

サトミは・・・泣いていた・・・




とある男女の奇跡の実話:完結編・後編へつづく



一人暮らし・独身女性のハッピーライフ『トップページ』へ


 応援ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
ただいま、ランキング挑戦中!!
ブログパーツ



今までのクレンジングの常識を変えた!人工香料・着色料は一切使用していない。W洗顔も不要のシンプルケア。

感じるクレンジング◇Nursery(ナーセリー)Wクレンジングジェル【グレープフルーツ】
BBクリーム

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://dokusinlife.blog68.fc2.com/tb.php/1404-a9ca7a0d

«  | HOME |  »

FC2カウンター


カテゴリ展開メニュー

  • 戦士の休息的ブログ(761)
  • ちょっと一息:世界のおもしろ画像(53)
  • びっくりニュース(108)
  • 女性なんでもランキング!   (40)
  • ハズレ女とゴミ男の法則(9)
  • 浮気の代償・復讐アイディア集(8)
  • お肌の悩み解決室(1)
  • ▼女性の保健体育(39)
  •  性病検査と予防(4)
  •  不眠症とは(8)
  • ▼防犯と私(一人暮らし女性の危険な話)(16)
  • ▼最新ダイエット情報(47)
  •  そこが知りたい★落とし穴(22)
  • ▼お酒でリセット(15)
  •  お酒ニュースと女性の呑み方(11)
  • オリジナル・コント集(10)

太る、太らないの違いとは?

腸内細菌のの量が多い人ほど太りにくく、少ない人は太りやすい。 この腸内細菌のを増やし太らない体を作る事が出来るダイエット法が、カメヤマ酵母ダイエットです。
ダイエット食品
日本でも数少ない無添加の明太子『粋』ダイエット食品の『カメヤマ酵母』が今年も売れてます!

干渉波EMS機器「パーフェクト4000」


アクセス解析

一人暮らし・独身女性のハッピーライフ

ホストクラブ 検索サイトみたいもんネット ブログランキング『Girls Power』 さくらぷれす:女性向け情報を提供する、検索コミュニティーサイト
女性の為の検索情報
ホワイトサーチ Ladies Search Engines 女性に人気のサーチエンジン

プロフィール

博多女

Author:博多女
ワタクシ博多女は、
独身で、一人暮らしの女ですが、
最近になって猫を飼い始めたという、さらに痛さも二割り増し。
なにが言いたいのかというと、
友達が欲しいだけなんです。。。
独り身と書いて、独身と・・・、文字がにじんで読めないや。ははは♪

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

現在Googie検索で一位です!

SEO 対策 | ブログパーツ



家で仕事
AKIRA BLOG
  • seo

PING送信プラス by SEO対策

ビジネス・経済・産業ジャンル検索エンジン 相互リンク

アクセスアップ実験中!


amazon人気急上昇ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。